クスリによる治療

クスリはどこでもできる簡単な治療

クスリ(抗甲状腺薬)としてはメルカゾールとチウラジール(プロパジール)の2種類があります。
最近、チウラジールによる重症肝障害や腎障害(ANCA血管炎症候群)が報告されてきたために今ではどの国でもメルカゾールが最初に使われます。どれくらいで効いてくるかはその人の甲状腺の中に入っている甲状腺ホルモンの量で決まります。
抗甲状腺薬は飲み始めるとすぐに甲状腺ホルモンが作られるのを抑えますが、甲状腺から甲状腺ホルモンが出てくる(分泌される)のは抑えられません。ですから、甲状腺の中に貯まっているホルモンが全部出てしまわないと血液の中の甲状腺ホルモンは正常になりません。

クスリの副作用はないの?

クスリの副作用で多いのはかゆみやじんま疹です(10人に1人)。この時はかゆみ止めを飲んで様子をみるかクスリを変えます。ヨウ化カリウム丸に変更することが多くなりました。ヨウ化カリウム丸がよく効けば、そのままヨウ化カリウム丸を続けます。

白血球の仲間たち
正常な状態では、白血球の約半分が好中球です。
thyroid_treatment101
好中球が正常な状態
クスリの副作用のために図のように好中球のみが減ります。
thyroid_treatment102
好中球が減っている状態

非常に気を付けねばならないのは白血球が減ることです。白血球が減るのは、クスリを飲み始めて2~3ヶ月以内が多いのですが、数年経っても減ることも希にあります。また、再発してクスリを再投与する場合も同じように気をつけなければいけません。特に白血球の中でも好中球が減ります。好中球はバイキン(細菌)をやっつける働きがありますので、好中球が減りますと体中にバイキンがついて熱がでたり喉が痛くなり、知らないでクスリを飲み続けると大変危険で場合によっては命を落とすこともあります。
病院に来る度に白血球を調べると、早めに分かりひどくならないですむことが分かってきました。今では、抗甲状腺薬を服用開始2~3ヶ月間は、白血球数と好中球数を調べることが義務づけられています。通院が大変ですが、ここをしっかりみておくことは、大切なことですので、頑張ってください。また、最近は白血球を増やす良いクスリができたので心強い限りです。
しかし、診察と診察の間に白血球が減ることもありますので、クスリを飲んでいる人で熱がでたり、喉が痛くなったら、主治医にすぐ電話で連絡しなければなりません。
幸いなことにこのクスリで白血球の減る人は1,000人のうち3~4人と非常に希です。

その他、肝障害、関節痛、胃腸障害、頭痛、めまいなどがみられます。筋肉がつることもありますが、これは副作用ではなく、ただクスリが効きすぎているだけですので、クスリを減量すると治ります。

チウラジールの副作用で注意を要するのは、ANCA血管炎症候群です。他の副作用と大きく違うところは、ほとんどの場合、服用後1年以上経って起こることです。また、チウラジールによる重症肝障害も問題になってきています。そのためにチウラジールを使うのは、メルカゾールで副作用が出たときや妊娠初期に限られてきています。

どれくらいで治るの?

通常は、クスリを飲み出して2週間から1ヶ月経って効いてきます。最初、メルカゾール1日3錠(朝1回)から始め(チウラジールなら6錠、1日2~3回に分けて)、甲状腺ホルモンが正常になってからメルカゾール1日2錠に減らします。それから徐々に減らして隔日1錠から週1錠まで減らします。その量を6ヶ月間服用して甲状腺ホルモンが正常を保っていれば、7割は治っている可能性がありますので、患者さんの同意が得られれば、クスリを中止して、経過をみます。

クスリを一生飲みましょうと言っているわけではありません。一般的には、クスリで治る人は1.5~2年間服用すれば、治ります。最近の研究でも、クスリを1.5~2年間服用してクスリを中止できない症例は、クスリの治療では治らないことが分かってきました。ですから、クスリを飲み始めて1.5~2年経って、クスリが中止できない人は、引き続きクスリの治療を続けるのか、別の治療(手術放射性ヨード治療(アイソトープ治療))に切り替えるかを医師と相談して決めるわけです。

クスリの治療に適する場合

小児、若い人、妊婦、甲状腺の腫れが小さい人や病気の程度の軽い人はまず薬物で治療をします。また、甲状腺の腫れが大きく、病気の程度がひどくても患者さんが手術や放射性ヨード治療(アイソトープ治療)を受けたくない場合には薬物で治療します。

クスリを飲みだして半年経つとクスリで治り易いかどうが分かります

クスリを飲み始めて6ヶ月くらいすると、治り易いかどうかだいたい分かります。
クスリで治りにくい時には、手術や放射性ヨード治療(アイソトープ治療)について話しますが、本人が納得しなければそのままクスリを続けます。

治った状態になったら試しにクスリをやめてみます

現在では、服用を始めて1.5~2年後当院では隔日1錠から週1錠で甲状腺刺激ホルモン(TSH)も含めて甲状腺ホルモンが正常なら、クスリを止めます。その時、いろいろな検査をして止めるかどうかを調べた方が良いと言う人もいますが、そんなお金のかかることはしないでクスリを止めて様子をみるのが一番いいのではないかと思います。再発すればまたクスリを飲めば良いわけです。その間、病院に行かなくても良いのですから、患者さんにとっても好都合です。 もちろん、クスリを中止するとき、TSHレセプター抗体などを参考にすることもあります。

クスリを中止できても、約半数は再発します。

クスリで治ったと思ってもバセドウ病患者の3~4割はクスリを中止すると数ヶ月して再発します。再発した時には、原則としてクスリ以外の治療を勧めますが、この際も治療法を説明したのち、患者さんの希望を優先させます。
クスリで治療した患者さんが再発した場合、5割弱はまた薬物治療を望み、4割が放射性ヨード治療(アイソトープ治療)を、1割強が手術を受けます。

最近では再発したとき、放射性ヨード治療(アイソトープ治療)を受ける人が増えてきています。平成10年から外来で放射性ヨード治療(アイソトープ治療)が可能になったことも一因と思います。

薬物中止後再発までの期間<154例>
バセドウ病の患者さんが抗甲状腺薬を中止してどれくらい経って再発するかをみたものです。
再発した154人中57人は3ヶ月以内に再発しています。
しかし、8年後に再発する例もありますので、バセドウ病のクスリを止めて治っていると思っても安心せず、定期的に検査を受けることをお勧めします。
早めに再発に気づけばひどくなる前に治療できるわけです。

クスリで治りにくいときは、他の治療を勧めます。

他の治療法を勧めるのは、クスリの副作用が出て使えない時、クスリをしっかり飲んだにもかかわらずクスリを止めた後に再発した時、クスリをきちんと飲まない時、クスリの量が減せない時、甲状腺の腫れが大きくなる時などです。
本人が早く治りたいと希望する場合には子どもや高齢者でなければ手術を勧めます。
平成10年6月から外来でも放射性ヨード治療ができるようになりましたので、最近は放射性ヨード治療(アイソトープ治療)を選択する人が増えてきています。

最新の研究で妊娠中にメルカゾールを服用している人に対する対応が変わってきました。

挿絵

バセドウ病は若い女性に多いので、妊娠との関係がたびたび問題になります。普通の妊婦と抗甲状腺薬を服用中のバセドウ病妊婦を比べても、奇形児が生まれる頻度(約3%)は同じです。日本甲状腺学会では8年以上の年月をかけて、メルカゾールと奇形の関連性について調査研究(POEM研究という多施設前向き試験)を行ってきました。最近、その最終結果が出ました。その研究から分かったことは、妊娠初期にメルカゾールを服用していた妊婦で、稀ですが頭皮欠損などのメルカゾールに特有な奇形が出るということです。この研究成果が出る前までは、メルカゾールと奇形の因果関係は不明と説明していました。今回の日本甲状腺学会の研究結果を踏まえて、当院ではメルカゾールと奇形に関するパンフを作りました。現時点では、PTU(チウラジールまたはプロパジール)と奇形の関連性は証明されていませんので、妊娠中にPTUを服用している方はご安心ください。今では、軽いバセドウ病やクスリで落ち着いている人には妊娠中は副作用のないヨウ化カリウムを使うことも多くなりました。
バセドウ病は、妊娠の終わりには非常に落ち着いた状態になり、クスリを止められることもあります。クスリでしっかり治療していれば、元気な赤ちやんを生むことができます。産後3~4ヶ月してバセドウ病が悪くなることもありますので注意を要します。
生まれてくる子どもにバセドウ病が遺伝するのではと心配される人がいますが、この病気が遺伝することを証明した人はいません。ただ、お母さんの体質は受け継ぎますので、他のお子さんよりバセドウ病になり易いと思います。しかし、バセドウ病は治る病気ですから、あまり取り越し苦労をしないで、元気な赤ちやんを産むことを考える方がずっとよいと思います。

抗甲状腺薬は母乳をあげても大丈夫です。

産後は赤ちゃんに母乳をあげなくてはいけませんが、クスリを飲んでよいのかどうかが気になるところです。通常は、母乳に出にくいチウラジールを使用します。メルカゾールは母乳に出ますが、1日4錠までなら授乳可能です。

クスリを飲んでいるときでも、海草類は普通に食べても大丈夫です。

抗甲状腺薬で治療中に海草類を食べてもいいかどうか気にする人もいますが、少なくとも日本では、普通どおりに海草を食べても差し支えありません。海草を控えた人と海草を普通にとった人で抗甲状腺薬の効き方を比べてみましたが、違いはありませんでした。最近、日本の研究者が、海草を普通に取っても抗甲状腺薬の効果に違いがないことを報告しました。
ヨード摂取量の少ない国では、バセドウ病治療中にヨードを沢山取ると、抗甲状腺薬の効きが悪くなるのは事実です。しかし、日本は、世界でも一番ヨードを摂取している国です。
ヨードをいくら制限しても、ヨード不足の国の人達が多目にヨードを取るより、それでも多いのです。何故かといいますと、日本の土壌にはヨードが豊富に含まれており、海草類を控えても日本で採れた野菜、果物、穀物、全てにヨードが含まれているからです。日本はヨード摂取において、世界でもユニークな国なのです。以上の事情から、日本の甲状腺専門家はバセドウ病治療中のヨード制限は指示しないことが多いと思います。外国の教科書に書いてあることを鵜呑みにして、抗甲状腺薬で治療中に海草類を食べてもいいかどうか気にする人もいますが、少なくとも日本では、普通どおりに海草を食べても差し支えありません。

抗甲状腺薬以外のクスリ

べ一タ遮断薬

脈をゆっくりにするクスリ
動悸、手のふるえなどによく効きます。抗甲状腺薬が効いてくるまでの間、症状をとるために、最初の1~2ヶ月使います。しかし、心不全や喘息のある人には使えません。

ヨウ化カリウムまたはルゴール

ヨード:海草類に多く含まれています
以前は、バセドウ病の手術前に使われることがほとんどでした。長く使っていると効かなくなる(これをエスケープ現象といいます)と考えられていた時期があり、バセドウ病の治療としては短期間使われるのみでした。しかし最近、軽いバセドウ病や副作用で抗甲状腺薬が使えない症例に対して、数ヶ月~1年以上使用することが多くなりました。エスケープは、思ったより起こりません。ヨウ化カリウムは丸薬になっており、飲みやすく、副作用がないことが一番の長所です。使い方をうまくすれば、大変重宝なクスリです。

PAGETOP
Copyright © TAJIRI CLINIC. All Rights Reserved.